沿 革

1962年(昭和37) 5月、初代社長印出勇により松本市双葉に「印出木材工業(有)」が設立される。
1974年(昭和49) 印出稔、代表取締役に就任。
穂高工場を新設し移転。
1982年(昭和57) 「印出木材工業梶vに組織変更
「家具」の量産工場完成。
1985年(昭和60) 「物流輸出梱包」工場稼動。
1989年(平成元) 印出木材、印出梱包、ニューパネル工業の3社が合併し、「活出」となる。
1990年(平成 2) 本社社屋とハウス専門工場が完成。
高性能2×4住宅「インディホーム」販売開始。
1995年(平成 7) 木造在来工法プレカット工場「グリーンヒル」完成。
1997年(平成 9) 空調設備「エアーテクノ事業部」開設。
高規格パネル住宅販売開始。
1998年(平成10) 木材乾燥機「住金ヒルデブランド梶vを買収し、新たに「ヒルデブランド梶vとなる。
2002年(平成14) 「インディ梶v設立。運送、倉庫事業を開始。
在来軸組工法住宅「森のおうち」販売開始。
2006年(平成18) 信州の木「協同組合 安曇野の森」設立。
造形・金型「RP事業部」開設。
2007年(平成19) 「家具事業部」「物流事業部」新工場新設。